2011年10月24日

<リビア>イスラム法重視の国づくりに 評議会議長が言明・やりすぎ!

ぴんと来る事や反感を買うことも、サマザマです。
考え直してしまったなどということも有ったし、おもわず肩の力を抜くなんて。
ヘッドラインってあらすじをアップしてよかったです。

☆★☆

<リビア>イスラム法重視の国づくりに 評議会議長が言明
毎日新聞 10月24日(月)10時37分配信

【テヘラン鵜塚健】リビアの反カダフィ派統治機構「国民評議会」のアブドルジャリル議長は23日夕(日本時間深夜)、北東部ベンガジで「全土解放」を正式に宣言し、国づくりの方向性に関して「シャリア(イスラム法)を基盤とする」と語った。今後正式に発足する新政権が、どこまで政治にイスラム色を反映するかが注目される。

議長は、元最高指導者、カダフィ大佐が死亡したことについて、「今回の革命は、神のご加護によって達成された」と賛美した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000015-mai-int

★☆★

中々どうして、ボツボツいってみますか?
矢継ぎ早に、がんばんべー。
シェーシェー!


人間関係の急変が顕著になって来ているようです。 こう言う、インターネットの枠内であっても数々見所が顕在化しているでしょう。
前例には、車の損害保険契約更新というワードや事故・保険料の契約更新、そしてオンライン・融資法人・名義など打ち込む数が半端ではなくなって行くでしょう。 こんな感じの文言は、購売側の考えのセクションと言えます。 其のほか、最近は中古車の売却査定見積りと言うワードや自動車の保険契約など、時には中古車のカービュー査定申し込み自動車の保険切替数数も調査する度数が嵩んでいます。
このような、経済の変化の断片が顕われて来ているでしょう。
昨日の有識
今週のけいこ
今週の覚え
posted by ゆめ3bii at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。